カレンダー

お休みについて

2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
 


「スパークリングホットタブ」と「プレミアムホットタブ重炭酸湯」は健康と美容の重炭酸入浴をご家庭で気軽にお楽しみいただくために2009年から研究開発を行い、2012年に販売を開始した世界初の「重曹」と「クエン酸」を錠剤化した入浴剤です。

この重炭酸タブレットは、重炭酸イオン・水素イオン・クエン酸のトリプルパワーが発揮される従来とは異なる全く新しいタイプの入浴剤です。




炭酸泉は体を芯から温め、血行促進、冷え、肩こり、腰痛、筋肉痛、自律神経安定などが期待され、ヨーロッパの天然炭酸泉は「心臓の湯」と呼ばれ、健康保険が適用されるほど医療分野では活用されています。

また、美容効果も高く、ヘッドスパや化粧品などにも活用されていますが、重要なのは水に溶け難く数分で空気中に飛んでしまう「炭酸ガス」ではなく、炭酸ガスが湯中に溶け出すと同時に「重炭酸イオン」に変化していたことだと言われています。

ドイツや大分長湯温泉などの自然炭酸泉のpHを調べてみると6.7〜7.1の中性pHです。このpHでは炭酸ガスは湯中に存在できず、ほとんどが「重炭酸イオン」に変化しています。この「重炭酸イオン」が自然炭酸泉の温浴効果や清浄効果を高め、血流を上げ、肌をスベスベにし、体を温めているものと考えられています。



これまで炭酸泉が体にいい理由は炭酸ガスの泡だと固く信じられてきました。しかし、炭酸ガスは直接皮膚から取り込まれるのではなく、湯中で重炭酸イオンに変化して取り込まれることがわかってきました。また、お湯のpHも中性に近いほうがカラダに取り込まれる効果が高くいこともわかってきました。

この状態を実現するために誕生したのが重炭酸タブレット、『スパークリング ホットタブ』シリーズなのです。




クエン酸は炭酸ガスとの組み合わせでお肌を柔らかくし、皮膚内部からの老廃物を除去し、加齢臭をなくすといわれています。重曹とクエン酸はお互いの性質が「酸」性と「アルカリ」性でとても反応しやすいため、少量の水分があるだけですぐに反応してしまい、錠剤にしてもすぐに発泡してしまって商品化は実現不可能と言われてきました。

市販されている炭酸入浴剤の多くは、重曹にフマル酸やコハク酸などを組み合わせて錠剤化しています。そのため目指す心地よい肌ざわりのお湯の入浴感は味わえませんでした。

重曹とクエン酸という最も効果の高い組み合わせでこそ、高濃度の「重炭酸イオン」が長時間溶解し、「重炭酸湯」という新しい入浴スタイルを確立したのです。

この錠剤はとても硬度が高く、お湯に溶かした時「クエン酸」が先に溶解し、錠剤の中で炭酸ガスが発泡し、ミクロの炭酸ガスとして錠剤の外に出てから「重炭酸イオン」に中和します。

また高濃度の「重炭酸イオン」は炭酸ガスのように空気中に揮発してなくならないので、24時間高濃度のまま溶解し続け、翌日に入浴してもその温浴効果を持続してお楽しみいただけます。



スパークリングホットタブを使ったお湯は、pHが中性になるので肌あたりがよく、お肌にトラブルを抱えている方も抵抗なくご入浴いただけます。また、温浴効果により血行がよくなる働きで毛穴が開き、清浄効果を高めるクエン酸の皮膚軟化作用により、表皮の汚れを取り、開いた毛穴や髪などにこびりついたミネラル皮脂汚れもやさしく洗い流してくれます。



タブレットによりお湯が中性になることで、肌への刺激がない、やわらかい湯触りを実感できます。また、食品グレードの素材のみで製造されていますので、お肌の弱い方や、赤ちゃんでも安心して入浴できるのです。もちろん頭からかぶっても問題ないので、シャワーでもお使いいただける新しい入浴剤なのです。



コスト

現在発売されている人工炭酸泉発生装置のほどんどが高価で、安くても数十万円から、高いもので数百万円もします。さらに使用するたびに炭酸ガス代、消耗品代、電気代、定期的なメンテナンス費用がかかるものもあります。

ホットタブなら、全身入浴一回におおよそ5〜6錠、足湯の場合一回1〜2錠ですし、翌日までご家族皆で入浴できますので、大変コストパフォーマンスにすぐれています。

サイズ

人工炭酸泉発生装置はサイズが大きく、また脱衣所に設置することが多く、ホースを湯船までひっぱるので、日本の住宅事情を考えますと、とっても邪魔になるサイズです。弊社の重炭酸タブレット(ホットタブシリーズ)は1錠わずか数センチの錠剤、比べ物にならないほどお気軽に導入していただけます。

実 力

一般の炭酸入浴料はコストが安いものが多く導入しやすいかと思いますが、その実力はどうでしょうか。
まず、炭酸ガス(CO2)濃度のほとんどは100ppm以下であり、時間の経過とともにすぐに消えてしまううえ、炭酸水素イオン(HCO)は、ほとんど微量しか発生しません。また、その微量に発生したイオンも時間が経過するとすぐに消滅してしまいます。

弊社の重炭酸タブレット(スパークリングホットタブシリーズ)は、東京都立産業技術センターの調査で24時間経過しても、ほとんど炭酸水素イオン濃度が落ちないことが証明されており、ゆっくりと炭酸泉浴をお楽しみいただけます。