カレンダー

お休みについて

2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 
発売元 株式会社ホットアルバム炭酸泉タブレット
(炭酸泉とクエン酸で健康をつくる会)
製造販売元 ホットアルバムコム株式会社
代表取締役 小星 重治
本社所在地 〒192-0082 東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ八王子3F
お問い合わせ サイト内「お問い合わせ」フォームまたは下記メールアドレスよりお願いいたします。
お電話でのお問い合わせ受付はしておりません。
ご了承くださいますようお願いいたします。
メールアドレス

高齢化やストレス社会の進展で医療費は40兆円を超え、このままでは近い将来、医療も介護も確実に破綻するといわれています。政府は健康寿命の延伸を重要課題に掲げ、改正労働安全衛生法では、2015年12月1日から、50人以上の従業員を有する企業にストレスチェックを義務付け、国民の健康管理を徹底する方向に政策の舵を切り始めています。

戦前あまり見られなかった、糖尿病、癌、うつ、アトピー、花粉症などが若者にも広がり医療費を圧迫しています。その原因に過労やストレスがあるともいわれます。ストレスは交感神経を緊張させ、血流を低下、体温を下げ、結果的に免疫性が下がり、あらゆる病気の原因になると考えられます。

もし、家庭で手軽に、かつ安価に血流と体温を上げることができれば、国民の健康寿命の延伸にもつながるのではないか。
私がそう考えるようになったのは、前職のコニカ蟶濱匯代、滞在したドイツで出会ったバート・ナウハイムの天然炭酸泉がきっかけでした。驚くほど体が温まり、お肌もつるつるになる「自然療養泉」を、家庭でも気軽に味わえる入浴剤として開発できないか、あの効果を再現できないかと強く思うようになりました。

定年後、そのチャンスがやってまいりました。ドイツの自然炭酸泉や大分長湯温泉を徹底分析。自然炭酸泉の地下1000mの反応を錠剤中で再現することに挑戦し、従来の常識を覆し、自然炭酸泉と同じ中性pHで「重炭酸ナトリウム」と「クエン酸」を反応させ、発生した炭酸ガスを重炭酸イオンと水素イオンに中和して利用する、日本で初めての重炭酸イオン入浴剤を作り上げることができたのです。中性で最後まで発泡し続けるという難題を解決したのが、若いころ写真用に開発したマイクロカプセル造粒技術でした。この技術により、どこの自然炭酸泉にも負けない温浴効果や美容効果を発揮する、すばらしい健康入浴剤が生まれたのです。

まるで美容液に包まれたようなリラクゼーション入浴が楽しめ、ストレスが解消し、驚くほど体が温まります。さらに乳幼児や敏感肌の方も安心して使えるよう無香料・無着色の肌にやさしい入浴剤です。この健康入浴剤で世界を元気にしたいというのが、私どもの願いです。